>>>リニューアルした「みらいのこうそ」飲んでます!(レビュー記事)

子どもの体内被曝の深刻度

[体内被曝] ブログ村キーワード

ネットで気になる記事を見つけてしまいました。

~内容~↓
「関東15市町で実施されている最新検査で、
子どもたちの尿の7割からセシウムが検出されていたことがわかった。
ジャーナリストの桐島瞬氏は、その被曝の深刻度を明らかにする。」
といった書き出しで、

入手したショッキングなデータをまず、ご紹介しよう。
常総生活協同組合(茨城県守谷市)が、松戸、柏、つくば、取手など千葉、茨城の15市町に住む
0歳から18歳までの子どもを対象に実施した尿検査の結果である。

「初めの10人を終えたとき、すでに9人からセシウム134か137を検出していました。
予備検査を含めた最高値は1リットル当たり1.683ベクレル。
参考までに調べた大人は2.5ベクレルという高い数値でした。
いまも検査は継続中ですが、すでに測定を終えた85人中、
約7割に相当する58人の尿から1ベクレル以下のセシウムが出ています」(常総生協の横関純一さん)

検査を始めたのは、原発事故から1年半が経過した昨年11月。
検査対象全員の146人を終える来年明けごろには、
セシウムが検出される子どもの数はさらに膨れ上がっているだろう。

セシウム134と137はウランの核分裂などにより生じ、
自然界には存在しない物質だ。福島から近い関東の子どもたちが、
原発事故で飛び散ったセシウムを体内に取り込んでいるのは間違いないだろう。
副理事長の大石光伸氏が言う。

「子どもたちが食べ物から常時セシウムを摂取していることが明らかになりました。
例えば8歳の子どもの尿に1ベクレル含まれていると、
1日に同じだけ取り込んでいると言われます。
内部被曝にしきい値はないので、長い目で健康チェックをしていく必要があります」

関東だけではない。放射能汚染による体内被曝が、
東海や東北地方にまで及んでいることも分かった。
福島を中心に200人以上の子どもの尿検査を続けている
「福島老朽原発を考える会」事務局長の青木一政氏が、実例を挙げて説明する。
・・・・・・・・・・・

と記事は続いているのですが、
やっぱり、怖いですね。

目には見えないセシウムが東海にまで広がって・・・。
今だって、汚染水の問題が山積みなのに。

未来を担うはずの子供たちが、
体内被曝しているなんて、しかも知らず知らずのうちに。

生きていくには食べなくちゃいけないのに、
食べることによって、
体内被曝して病気になってゆく・・・矛盾してますよね。

原発については、
知れば知るほど怖いと思ってしまう。
だけど、今の世の中電気がなければ
何も動かせなくなっているのも事実。

もう少し、根本的な何かを変えなければ・・・。
関連記事

theme : 食生活
genre : ライフ

tag : 子ども 体内被曝 セシウム 原発

comment

管理者にだけ表示を許可する

お気に入り



>>>「ヒアルロン美潤」飲んでみました!(レビュー記事)


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
進研ゼミ小学講座
ふたりの娘たちも毎日がんばってます!
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
PR

最新コメント
リンク
プロフィール

ぴこり

Author:ぴこり
7歳と11歳のふたりの娘のママです。毎日いっしょに本を読んだり、お菓子を作ったり、季節の行事を楽しんだりしています。

RSSリンクの表示
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児日記 ブログランキングへ

とれまが人気ブログランキング
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
月別アーカイブ
楽天ウェブサービスセンター Web Services by Yahoo! JAPAN

空には小鳥トップヘ

track feed 空には小鳥